ザナミビル(商品名:リレンザ)の効果

ザナミビルはC型インフルエンザウイルスには効果が見られないものの、A型インフルエンザウイルスとB型インフルエンザウイルスに対しては有効に作用するとされています。
イギリスを本拠地とするグラクソスミスクライン社から商品名リレンザとして販売されているインフルエンザ治療薬はこのザナミビルを有効成分としているものです。
リレンザは日本においても厚生労働省からインフルエンザ治療薬としての認可を得て使用されています。
粉末状であるリレンザは、ディスクヘラーと呼ばれる専用の吸入器を使って服用します。
インフルエンザウイルスは喉や気管支などにおいて感染、増殖していくため、粉末状のリレンザは患部に直接働きかけることができます。
そのためにより効率的で即効性のある作用が期待できるのです。
また患部に直接働きかけるということは、薬剤が全身を巡って作用するタイプとは違って、薬剤が全身に与える影響を抑えることにも繋がります。
インフルエンザ治療薬として知られている薬剤は他にタミフルなどがありますが、リレンザはタミフルより耐性ウイルスが発生しにくいことが研究の結果として知られています。
錠剤であるタミフルと比べると、粉末状のリレンザは気管支などの呼吸器系に疾患のある患者の服用に対しては注意が必要となります。
しかしタミフルでは服用後の異常行動などが散見されたことからリレンザに対する需要が高まることとなりました。
通常はディスクヘラーを使用して吸入するリレンザですが、過去にはリレンザを静脈注射することによって快方に導いたケースもあります。
この患者はタミフルやリレンザを投与しても効果がなく生死の境を彷徨いましたが、グラクソスミスクライン社の協力で静脈注射をすると劇的な回復を見せました。