ザナミビルと食べ物でインフルエンザ感染防止に努める

ザナミビルは、A型またはB型インフルエンザの感染防止に有効です。ザナミビルの働きは、インフルエンザの表面に付着する酵素の作用を阻害してウイルスが細胞の外に出るのを防ぐことです。ザナミビルの正しい使い方は、専用の吸引器を用いて口腔内吸入をします。指示された時間での吸引を忘れた場合は、気がついた時に1回分の吸引を行います。だたし次の吸引が近い時は1回分を抜き、絶対に2回分をまとめて吸引しないように注意します。さらにインフルエンザの感染防止に効果的な食べ物を食べると良いです。まず生姜です。生姜は、風邪を引いた時にも症状を改善させるために料理に入れるなど、体力を付ける身近な食べ物です。発汗作用があるので冷えを予防して、喘息や胃腸障害を改善するため、強い体作りに役立ちます。次にタンパク質を多く含む食材です。人間の体はタンパク質で構成されており、その他の酵素やホルモン、抗体もタンパク質が原料です。よって、良質なタンパク質を摂取することでインフルエンザに対する免疫力をアップさせられます。毎食1皿は魚や肉、大豆製品などを食べると良いです。またインフルエンザウイルスは、乾燥したところを好みます。感染防止には、粘膜を潤して強化するビタミンAが有効です。ビタミンAはニンジンやほうれん草、かぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれています。さらにヨーグルトもインフルエンザを予防する食べ物です。ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、腸内環境を整える効果があります。免疫細胞の60%は腸に存在しているので、腸内を強化することで免疫力が向上します。その中でも1073R‐1乳酸菌やL‐92乳酸菌、プラズマ乳酸菌などが特に効果的とされます。