ザナミビルの効果とインフルエンザの発生状況と発症

インフルエンザの発生状況は湿度との関係していて、乾燥している日が続いているとウイルスの活動が活発になることからインフルエンザを発症する患者数が増加します。ザナミビルはインフルエンザを効果的に治療する薬ですが、吸入器を使用しなければ服用できないというデメリットもあります。インフルエンザの発生状況は年々変化していて、沖縄などでは6月にインフルエンザを発症することもあります。ザナミビルはすべてのタイプのインフルエンザに効果のある薬ですが、高齢者や小児などの吸い込む力の弱い患者に対しては処方することができないので、その場合にはザナミビル以外の抗ウイルス薬を処方することになります。インフルエンザの発生状況に関しては厚生労働省などでデータ化されているので、自分の住んでいる地域でどの程度の数の患者がいるのかを把握することができますが、インフルエンザに発症した場合には48時間以内に抗ウイルス薬を投与しなければならないので、急激に体温が上昇して関節などに痛みを感じたら病院を受診してインフルエンザの検査を受けて、陽性反応が出たら、ザナミビルやタミフルなどの投与を受けます。子どもの場合は吸入器を使うのが難しいので、その場で医師の指導を受けながら使用したり、薬局で薬剤師の立ち会いのもとで使用することも出来ます。吸入式なので、食後に服用する必要がないので、処方されたらその場で使うことができます。副作用に関しては内服薬ではないので、ほとんどないとされていますが、アレルギー反応が出る場合があるので、その場合には医療機関を受診して適切な治療を受けなければなりません。現在ではザナミビル以外にも様々な抗ウイルス薬が開発されているので、年齢や体力に合わせて薬を選択することができます。