岡山県の動物インフルエンザの事例とザナミビルが登場

ザナミビルを有効成分として含有する医薬品が吸入薬として世の中に登場したことにより、インフルエンザの医薬品による治療が効果的に行われるようになりました。ザナミビルの登場後もインフルエンザ治療薬の開発は続けられてきており、飲み薬の登場や新たな吸入薬の登場などによってインフルエンザ治療の手段は確かなものとなってきています。そういった治療の面で革命が進んできている一方で、インフルエンザウイルス側にも変革が起きているということは世の中に懸念を生んでいます。以前はインフルエンザウイルスは人から人へ感染するものだと考える人が多かったものの、動物と人の間でも相互に感染しうるということが認識されるようになってきたからです。その代表例となるのが鳥インフルエンザであり、国内でも高病原性鳥インフルエンザによる鳥の死亡が報告されるに至りました。その一つが岡山県における事例であり、卵を生産する農場において発生が確認されたのです。岡山県では蟹県亜者遺伝子検査の実施を行った上で殺処分を行ったり、生産物の移動制限や消毒を実施したりといった対応を迅速に実施しました。それによって岡山県で鳥インフルエンザが流行するという事態は避けられるようになったものの、こういった事例はニュースでも詳細に取り上げられたという事実があります。それほどに一般の人が動物から人への感染拡大ということを懸念しているということが反映されていると言えるでしょう。ザナミビルのような治療薬が存在していても、インフルエンザが人にとって脅威であることに変わりはありません。その感染源が人だけではなく動物も含まれるということはその脅威を大きくすることに等しいのです。