ザナミビルと季節性インフルと鳥インフルの症状の違い

鳥インフルエンザ症状は一般的には季節性のインフルエンザと同じであるとされていますが、強毒性になると感染者によっては重篤な症状が出ることがあるので、迅速な治療が必要になります。ザナミビルは季節性のインフルエンザと鳥インフルエンザ症状のどちらにも効果があるとされていますが、ウイルスは突然変異を繰り返しながら進化を続けているので、ザナミビルが効かない鳥インフルエンザ症状が出ることも考えておく必要があります。季節性のインフルエンザの場合は過去のものと同じタイプであることが多いのでザナミビルを投与すれば症状が収まるのですが、鳥インフルエンザの場合にはどのようなタイプのものが流行するのか予想することができないので、ワクチンを接種していても感染を予防できるとは限りません。ザナミビルは吸入器を使用しなければならないので5歳以下の子どもや高齢者に対する投与はあまりされないのですが、内服薬のタミフルに耐性ウイルスが発生する場合があるので、その場合にはザナミビルが投与されます。また抗ウイルス薬は新しいタイプのものが開発されているので、ザナミビルやタミフル以外の選択肢も増えています。ザナミビルの場合には感染が確認されてから48時間以内に投与されなければ効果がないので、インフルエンザの流行している時期に高熱が出た場合にはすぐに医療機関を受診してザナミビルなどの抗ウイルス薬を処方してもらわなければなりません。抗ウイルス薬に関しては予防のための服用はあまり効果がないとされているので、予防のために服用する場合には医師に相談をして、効果の高いタイプの薬を処方してもらう必要があります。高齢者の場合は吸入が出来ない場合は内服薬のタミフルを服用することになります。