ザナミビルの検査方法と空気乾燥機の効果

ザナミビルはインフルエンザに感染した時に使用される薬で病院を受診して検査キットで調べて陽性反応があった場合に処方を受けることができます。検査方法は非常に簡単なので病院に到着してから数分で結果を知ることができます。ザナミビルなどを処方する場合には48時間以内に服用しなければ効果が無いので、短時間で結果を知ることができる検査方法が求められていて、そのために現在のような検査キットによる検査方法になりました。ザナミビルはタミフルに比べて幻覚などの副作用が少ないのですが、吸入器を使わなければならないので、子どもや高齢者が服用するのが難しいとされています。しかしタミフルに比べると耐性ウイルスの発生が抑えられているので、多くの患者に投与されています。空気乾燥機は部屋の湿度を下げて洗濯物を乾かすために利用されるもので、室内が乾燥することでウイルスが粘膜に感染しやすい環境になるのですが、基本的には空気乾燥機と洗濯物がセットになっているので、湿度が下がり過ぎる心配はほとんどありません。また空気乾燥機を使って洗濯物などを乾燥させることで清潔な衣服を着ることができるので、免疫力を維持することができます。冬の寒い時期にインフルエンザが流行する要因としては空気の乾燥によりウイルスが活発に活動するようになることや、人間の免疫機能が弱まることなどがあります。とくに老人や子どもたちは免疫力が弱くなっているので、インフルエンザが流行する時期には体調管理をしっかりしなければなりません。ザナミビルを吸入すると1日程度で症状が軽減されるのですが、感染力は保持されているので、すぐに職場や学校に復帰することは難しいとされています。